読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本から世界レベルを目指す男のブログ

世界レベルでの活躍を目指す若者が思った事をただ書いて行くブログ

日本人は英語ができないは嘘‼︎

こんにちはNemoです!

 

今回はよく言われる「日本人なら英語ができないのは仕方ない」という意見についてです。

 

結論から言うと、僕はこれを「間違っている!」と完全に否定します。というのは、日本人であるから英語できないというのは全く理由として成り立たないからです。

 

確かに、他の海外に住む英語学習者に比べるとLとRの発音が聞き取りにくいといった日本語による悪影響は少なからずあるでしょう。ですが、それは正直大した問題ではないと僕は考えます。

 

 

では、事実としてなぜこれだけの日本人がまともに英語を話せない状態にあるのか?答えの一つは日本の教育にあると思います。

 

 

日本では多くの中学高校で英語が必修科目です。しかしその授業内容といえば単語帳でひたすら日本語訳を覚え、教科書を丸暗記し、テストでは日本語訳を書かされるという散々なものです。(※一部の学校では非常に素晴らしい英語教育をしていますので全てを否定するつもりはありません)

 

これでは残念ながら英語を使えるようにはなりません。さらに問題なのは日本の教育はそれをあまり問題視していないように思われます。なぜならほとんどの英語教育は大学受験の為にあるという考え方が定着してしまっているからです。

 

英語はツールであり、自分の世界を広げるものです。英語が話せれば世界中の人々と交流ができ、自らの意見を世界に発信できます。英語の価値とはそこにあるべきなのです。しかし、どれだけの英語教育者がその価値に重点を置いているでしょうか?(残念ながら日本の中学、高校、さらには多くの大学で英語を教えている教育者のほとんどは英語を教えられるレベルに達していないというのも現状です)

 

英語をなぜ学習するのか?英語を話せると言うことがどれだけ価値があることなのか?それらに対する根本的解釈の改善がない限り、日本人全体の英語力の改善は難しいように思います。

 

 

では、「結論として多くの日本人は英語ができていないと言えてしまうのではないか?」と聞かれれば僕は「はい、その通りです」と答えます。

 

いいえ。矛盾はしていないんです。なぜなら最初の議題は「日本人であるということ=英語が話せるようにはなれない」という主張が正しいかどうかです。そしてこれには断固として「いいえ!」と答えます。

 

 

日本人でも海外で働いている方は大勢いらっしゃいます。そしてその誰もが幼いころから留学してたり、英語の特化型教育を受けていたりしたわけではありません。少しインターネットで探してみれば、全く英語が話せなかったのに今は英語圏でネイティヴと働いているという方もたくさん見つかります。

 

 

回りくどくなってしまって申し訳有りませんが、今回言いたいことは実は一つだけなんです。

 

「日本人だから」は、英語が話せない言い訳には一切ならない。

 

偉そうに聞こえてしまったらごめんなさい。でも、事実なんです。私も身をもってそれを実感しましたし、何よりもこの考え方を持ったからこそ頑張れたんです。ですので、もし英語を話したいと本気で思っている方がいたら「でも私は日本人だから」なんていうつまらない理由で諦めないでください。

 

英語ができれば世界が変わります。

 

文章が下手で伝わったかわかりませんが、今日はここまでです。読んで下さり本当にありがとうございました‼︎